hippo27

jewels and ornaments SINRAのジュエリー製作や宝石にまつわるあれこれです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

pinz

ひさしぶりに生き物たちのシルバーのピン。

G0011816.jpg

しっかりした厚みのある銀板をラフスケッチをもとにカットしたものと、
ワックッスによる原型からの鋳造(鋳物)のものとがあります。


使っている石はもちろん天然石。
ニワトリの目にはダイヤモンド、兎の目にはルビー、
"玉越え"ペンギンの玉は7ミリオーバーのアコヤ真珠です。






DSC_3969.jpg
平板ものは、こうやって一点一点糸ノコでカットしているのです。


私のデザイン(というほどのものでもないのですが)する動物たちは
目つきの悪さが特徴。
彼らは決してヒトに媚びを売らないのだ。




G0011813.jpg

玉乗りペンギンじゃなくて、
「玉を飛び越えようとしてひっかかってるかも?」


だから

「玉越えぺんぎん」



G0011829.jpg
ペンギンが越えようとしている玉はアコヤパール。テリもしっかり。





仕事の合間にしかつくれないので、数はたくさんできませんが、
どれも愛嬌のあるピンに仕上がってます。

大きさは、2センチ〜3.5センチくらい。
ちょこっと襟元や帽子に付けたり、
ボタンの代わりにしたりするのにちょうどいい大きさです。


うさぎ
あおうみがめ(生まれたて)
魚骨
ハエトリグモ
かえる
にわとり
ぺんぎん
やもり

などがございます。






お求め、お問い合わせは
京都大学総合博物館ミュージアムショップ ミュゼップまで。



| pins | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

"C"のピン


"C"のピンブローチ

DS7_9910.jpg

襟元に。






| pins | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハートのピンズ


DS7_9023.jpg
(クリックで拡大します)

ハートのピンズ。

かなり厚め(2ミリ厚)の銀の板にフリーハンドで描いたハートを切り抜いて作ったピンズ。
切られたり焼かれたりヤスられたり曲げられたり叩かれたり穴をあけられたり押し付けられたり薬品にどっぷり浸けられたり芯を立てられたり磨かれたり、、、、。

それぞれいろんなことをくぐり抜けてきたハートたち。
いわすもがなの1点もの。


セーターなどの首もとに2つ3つまとめてお着けになると可愛いですよ。


material: silver925,トルコ石、cz、ガーネット、淡水真珠、
technic : 彫留、エッチング(腐食)、エンボス加工
size : だいたい1.5センチ×2センチくらい。(箱の大きさが3×2センチです)









G0000178.jpg
(czを留めるための下穴をあけているところ。)

大きさの参考に。





G0000171.jpg




遅くなりましたっ。




| pins | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナゲットのピン

きょうは小さいピンを



nugget

オーストラリア産の自然金、ナゲット(nugget)のピン。

プラチナの石枠にダイヤを留めて。



| pins | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひろいものでつくったブローチたち

拾いものでつくったブローチたちが展示からかえってきた。




DS7_4622.jpg

庭に落ちていたツバキの実や、サンポで拾ったザクロやクチナシの実、
山で拾ったガーネットでつくったブローチたち。





DS7_4623.jpg

ツバキの実の固い殻のうらには冬ごもりのテントウムシ。
ツバキの種はブローチのキャッチになっています。



真鍮、椿の実、クチナシの実、ガーネット(滋賀県の山のどこかで拾った)、純金箔
silver950,k18,ruby

| pins | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

pinz

Pinsいろいろ

R0011279.jpg



DS7_1891.jpg



DS7_1908.jpg



DS7_1925.jpg




DS7_1948.jpg




DS7_1954.jpg




DS7_1898.jpg




DS7_1943.jpg



| pins | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

銀のキルトピン

DS7_0255.jpg

週に一度教えにいっている学校の高校生たちへの課題にどうかなと、
これからの季節に大活躍!のキルトピンをつくってみました。


いちばん大きいものは長さ8.5mm、線径は2.3~2.5mm。
素材はsiilver925、重さ約12g
あとのものは、7センチと6センチ、線径は約2ミリ。

市販のキルトピンよりかなり線が太く、
ハンマーで叩いて強度と表情をつけているので、
存在感のあるキルトピンに仕上がりました。
ざっくりとしたストールやポンチョにもぴったり。


高校生用の課題には、
もうすこし細くて曲げやすい真鍮ワイヤーでピンを作って、
チャームやレースなどで飾りつけて仕上げ、
ということになるかな。







DS7_0256.jpg

針先は糸を割らないように、あまり尖らせずに仕上げ。






DS7_0260.jpg

イニシャルを刻印してプレゼント用に。





試作してみてわかったこと。
太い線を使う時はなおさらですが、
右利き用と左利き用とでは、巻きの向きを反対にした方がいいということ。

つまり、キルトピンには表裏があるんですよ。

キルトピンの構造をよく考えてみたらわかることなのですが、
実際に作って、そして使ってみて初めて気づきました。

しらなかったなぁ。






| pins | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

干支と誕生石のピン

DSC_1371.jpg

真珠のネックレスを短くしたときに余った玉で
なにか贈り物になるようなものを、
というご依頼で作ったピン。


目に誕生石を彫留した干支。





DSC_1381.jpg

卯年で7月生まれということで、
ちょうどルビーの赤い目が入りますね、
というはなしから、
ご家族みんなの分を。



DSC_1384.jpg

亥の目には5月でエメラルド。

石を留める時、目になるようにタガネを打ちます。




DSC_1386.jpg

酉年と巳年は4月でダイヤモンド






DSC_1452.jpg

2ミリ厚の銀板を糸鋸でカットしています。

真珠の大きさ:約直径7.2mm
silver950
石の大きさ:径1.0~1.3mmくらい
 


これくらいの小さいピンブローチは
男女問わずお使いになれますが、
男性のスーツの襟元などにちょこっとつけてほしいなぁ。




| pins | 20:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |