hippo27

jewels and ornaments SINRAのジュエリー製作や宝石にまつわるあれこれです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

色金指輪

クスモト氏作品つづき。

色金指輪。

色金(いろがね)とは、
銅や銅合金など、おもに煮込み着色によって
金属の表面を科学的変化により変色させた金属。

日本に古来から伝わる金工の技法では
金、銀、銅、そして、亜鉛、錫などの金属を
制作技法や、目的の上げ色、用途などによって
もっとも適した素材にするために、
単一素材で使ったり、
さまざまな配合で合金をつくって使用してきました。

地金の色のちがいを楽しむのも
日本の金工作品の重要な要素になっています。

「色金」(いろがね)という呼び方には、
そういった、金属そのものの色を味わう愉しさ
が込められているような気がします。



DSC_6585.jpg

950銀・赤銅・銅


DSC_6576.jpg



クスモト氏プロフィール



スポンサーサイト

| Kusumoto | 15:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自転車(ノーブレーキピスト)

昨日のつづき。

きょうは、、、




DSC_6273.jpg

自転車。






DSC_6276.jpg

刻印は打ってませんが、タイヤとグリップ以外はシルバー。
たぶん950。

ペダルをまわすと、ちゃんとギヤによってチェーンが駆動して
タイヤが回ります。






DSC_6268.jpg

スタンド付き。
(スタンドもあがります。もちろん)

ハンドルもしっかりきれますし、
ブレーキはついていませんが
ピストタイプですからだいじょうぶ。







DSC_6380.jpg

ただし、サイズに問題あり。

H=50mm、L=85mm 12.5g





クスモト氏に、

「何で自転車?」

とうかがったところ、

「つくりたかったから」

だそうです。


・・・・それは、ごもっとも。



クスモト氏プロフィール


| Kusumoto | 07:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AGUIRA

つぎは、とり。



DSC_6238.jpg


南米、メキシコのシンボルは鷲ですが
そこらへんから思いついたそうな。

ですから、ニックネームは

 ”AGUILA”(アギラ)

スペイン語で鷲を意味します。






DSC_6241.jpg

42×17.3×10(mm) 7.5g  ¥19,000

頭の部分は動きます。






DSC_6242.jpg

裏。






クスモト氏の制作されるものの共通点は、
心地よい重さにあるようにおもいます。

重さと形のバランスなのでしょうか

「さわってると、ミョウにおちつく」

というのがあありますが、
まさに、そういう感じです。

紹介用の写真を撮りながらも、すりすりさわっておりましたよ。




しばらく、このシリーズで続きます。



クスモト氏プロフィール

| Kusumoto | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAGGER

前回に続き、撮影中のクスモト氏の作品を。



DSC_6225.jpg

"DAGGER"(短剣)。

古代から実用としてはもちろんですが、
装飾的な意味合いも大きかったというダガー。

”唐草をつくりたくて”デザインしたそうです。

タガーは、そのシンメトリーの形状からか
クロスのイメージももっています。






DSC_6232.jpg

22.5×52×5(mm) 10.7g

上、カーネリアン、下、ブルートパーズ

各¥19,000





クスモト氏プロフィール




| Kusumoto | 14:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おっちゃんゴリラ

サイトの更新が、遅々として進みませんが

言い訳がてら、ご報告を。

今週は空いた時間に、
あたらしいサイトでご紹介させていただく、
クスモト氏のページ用の写真撮影をしております。


まず、手、足、頭のうごく、ゴリラ


DSC_6247.jpg

ゴリラのおっちゃんっぽさがよくでてますでしょ。
ぱつんぱつんでみごとに張った胸とおなかがいい感じです。

上から見たアタマも、耳も、
どーんど、あるべきところにいすわっております。





DSC_6251.jpg

おケツもプリティ。
毛並みもよろしゅうございます。




DSC_6262.jpg

こういうパーツからなっています。



クスモト氏は、この原型を
銀の地金からの削りだしで制作されるのですが、

それって、どうなんや、ありえるのか?



DSC_6258.jpg

この大きさです。


ワタクシには考えられへんですわ。



DSC_6439.jpg

足の裏。もちろん削りだし・・・・。






DSC_6257.jpg


こういうものは、制作者に似る、といいますけども、

うーむ、たしかに・・・。





ゴリラ好きな方がおられましたら、
ぜひお問い合わせください。

ぱつんぱつんの「くまごろう」もおりますですよ。




クスモト氏プロフィール


| Kusumoto | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。