hippo27

jewels and ornaments SINRAのジュエリー製作や宝石にまつわるあれこれです。

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「酒」にまつわる小品販売

前回の記事でご紹介した伊丹工芸センターに併設されている「郷町クラフトショップ」にて
清酒発祥の地にちなみ、「酒」にまつわる小品の展示販売がはじまりました。
カレッジの課題制作でもあったので、
価格設定も「みんな、これでいいのか?」というくらいかなり低め!
たて、よこ、ななめ、直球、カーブ(WBC残念!)と、
素材も技法も個々さまざまな切り口からの「酒」がお楽しみいただけると思います。


4月の終わりくらいまでの期間限定販売です。





DS7_3744.jpg

ワタシは「HIYOMINOTORI」という仮想商標で制作。
漢字の「酒」の部首であり、酒を熟成させる酒つぼの形を象っている
「酉」(ひよみのとり)からとったもの。「酉」の古い字体(甲骨文字)をデザインしました。
これは「酒」の本字といわれており、古くは酒そのものに通用したんだそうです。
「ひよみ」とは「日読み=十二支の別名」。十二支の「とり」をあらわすことから
「ひよみのとり」とよばれているらしい。きれいな語感ですよね。
酒に関係することをあらわす「つくり」として用いらるのはご存知の通り。

だから、
「ひよみのとり」をつけると、それはとたんに「酒」にかかわるものになるのですよ。

となりにいる目のまわっている鳥は、「ちどり足の千鳥」その名も「ちどりん」。
素材は真鍮ですけど、ひとつひとつ手で切り出しましたから、
ちどり具合も目のまわり具合もそれぞれ微妙にちがっています。
この他にもほろ酔い落書きをエッチングしたピンバッチも。
パッケージもそれぞれ自作。



DS7_3741.jpg
ちどりんアップ


まじめに遊んで作りました。
楽しかったー。





伊丹工芸センター


| お知らせ | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊丹ジュエリーカレッジ第13期修了展のお知らせ

実はこの1年間、
1から勉強し直しと、仕事もそこそこに通っていた伊丹ジュエリーカレッジ

今日から修了展がはじまりました。

時間に追われながらも、「どちらか迷ったらリスクの大きい方をとる」と、
普段の仕事ではできない制作を楽しんだ1年間でした。



DS7_3605.jpg


私の修了展のテーマは「Treasure box of word game」-ことばあそびのたからばこ-
ドーム型の箱のてっぺんに嵌め込んだ石、
ガーネット、パール、サファイア、エメラルド、ルビー。
これらの石とおなじ頭文字をもった「なにか」を小さい金のピンに仕立てて宝物のように中に入れました。

子どものころの言葉遊びを思い出して。


なかにはなにが入っているのかな?

答えは、会場で。


会期:2013年3月2日(土)〜3月24日(日)10:00〜18:00
  (入館は17:30、最終日は16:30まで)
   月曜日休館(祝日の場合は翌日)

場所: 伊丹市立工芸センター[展示室B]
〒664-0895 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-28
TEL:072-772-5557 FAX:072-772-5558

伊丹ジュエリーカレッジ第13期修了展


| お知らせ | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |