ミルタガネによる加飾(リング)

すいぶんとブログさぼっちゃっいました。。。。

あんまりここでお見せできるような仕事がなかったということもあったんですけども、、、。
いちおう、無事に生きてますよ、というご報告もかねて、更新いたします。



工房では手元でかなり高温になる火を使うのですが、
この夏の暑さに、「あせも」ができました。
それくらい暑かったのか、まじめに仕事してたのか、はたまた加齢による身体の衰えか、、、。
原因は不明ですが、とにかく、「あせも」ができたんです。

「あせも」、って、小中学校以来記憶がないのですけど、
「あせもができた」と言葉に出したとき、
なんとなく子どもの頃、額に前髪をはりつかせて、酸っぱい汗をかきながら遊んでた、
どうしてだか切なくてもどかしい気分を思い出したことにちょっと困惑しました。
そういや、母がシッカロールはたいてくれたなぁ、、、。とか。

なんかへんなところにいっちゃいそうなんで、ここらで止めときます。




さて、今の作業机の上。

20130912-DSC_2573.jpg

これは、今お預かりしている石つきの指輪ですが、腕があっさりしすぎているということで、
センターをミル打の装飾を加工しているところ。

修理、じゃないな、加飾、ですかね。

最近は大きめのミルを好まれる方が多いようです。
これも、このために大きめのミルタガネを作りました。

これから仕上げます。






さて、10月初めにちょっとした仕事で東京へ参りまーす。
ご用がございましたら、ご連絡を。
関連記事

Comment 0

Leave a comment