pt950とpt900の違い

ウェディングリングをお求めになる方から

「pt950とpt900とでは、純度のほかになにがちがうのか、」

というご質問をよくお受けします。

こんかいは、これについてお話しいたします。



=============================



pt900とpt950は、以前ここでお話しいたしましたように、
含まれるプラチナの純度が違います。

しかし、見た目では、おそらくほとんど違いがわかりません。
実際、私自身もわかりません。

地金の性格でいうと、
pt900よりpt950の方が柔らかく、変形しやすいとおもわれがちですが、
うちでは微量のルテニウムという金属をいれた
3元合金と呼ばれるプラチナを使っています。
これは、一般的なパラジウムのみで割ったpt950よりも硬度の高い地金です。
ですから通常のご使用による問題はないと思います。

いちばん大きな違いは、プラチナの純度の差による価格差です。

ただ、ひとつ気にかけておかなくてはならないことがあります。
日本では850からプラチナ表記が認められていますが、
国際基準では、プラチナ950に満たない純度のものは
プラチナと表記することを許されていないという状況です。

これはなぜかというと、日本は欧米に比べて、プラチナの人気がとても高いため
プラチナの汎用性を高める為に、pt900が開発されたのですが、
欧米では、ホワイトゴールドを含めた金を使う割合が高く、
プラチナはハイジュエリーのためにのみ使われる、特別な地金である、
という位置づけになっているからのようです。

しかし、日本でも、最近の地金の高騰により、
通常使いアクセサリー、ジュエリー用の白い地金には、
プラチナ製よりもホワイトゴールドのものが多く目につくようになっってきました。

プラチナは欧米のように特別なものとして扱われはじめているのかもしれません。


関連記事

Comment 0

Leave a comment