FC2ブログ

5月の緑とダイヤモンド

5月も下旬に入りました。
4月の終わりから5月半ばまでミネラルショーがあったり、ジュエリーショーがあったり、
工房での催事があったりと楽しくざわついたこのひと月でした。

工房から見える小さい庭は、春の花の盛りが終わり、日に日に緑の勢いが増してきています。
いやほんと、勢いづくという表現がぴったりなイケイケ感。
早春の萌え萌えの儚い愛らしさは消え去り、この時期の新緑の勢いは爆発的。逞しい生命力がみなぎっているようです。

その場から動くことはない木々ですが、工房に篭りがちな私に四季折々毎日違う姿を見せてくれるのです。




すでにSNSにはすでにご紹介させていただいていたのですが
緑の映える5月中にブログの記事にしておきたくて。

ナチュラル グレイッシュ グリーン ダイヤモンドのリングです。


D70_7661.jpg

光によってはグレイッシュ グリーンというよりは抹茶や緑茶色に見えることも。





D70_7781.jpg

重さは0.59ct。存在感のある大きさです。








D70_7782.jpg

石枠は黄金色が眩しい22カラットゴールド、腕は彫り崩しのテクスチャーをつけたプラチナ900です。







D70_7780.jpg








D70_7779.jpg

毎回手がアレで申し訳ないのですけど、、、、。


和を思わせる肌になじむ品良いヌーディーなグリーンに

ダイヤモンド特有の光沢、アダマンティンラスター(金剛光沢)が

ときおり

「わたしがダイヤであることを忘れないで」

と主張するかのように鋭く煌めいてドキッとさせてくれます。







D70_7666.jpg

石枠にごく浅い溝をつけ、リングをはめ込んで溶接しています。

見た目ではわからないくらいの加工ですが、
こうすることによって点で付けるよりずっと溶接面の強度が増すのです。








D70_7662.jpg

22カラットゴールドの石枠には、
ダイヤを留めるときにつけた槌目のような鏨の跡をそのままのこしています。








D70_7664.jpg

お手持ちのリングと重ね付けして色味やボリュームに変化をつけて遊んでみてください。
どんどん重ねて幅広リングっぽくおつけいただいても楽しいです。






・ナチュラル・ダイヤモンド(grG, 0.59ct クッションローズカット)

・石枠:K22YG / 腕:Pt900(鍛金法)

・サイズ:14号(サイズ直し可)




===online shop===

SINRA'S STORE

creema

iichi


----------------------------




今週からジュエラーベンチ(作業机)に向かって
いただいたオーダーやサンプルの製作の準備にかかっています。
大切におつくりしています。しばらくお待ちください。










関連記事

Tag: ゴールド 指環 ダイヤモンド プラチナ

Comment 0

Leave a comment